Welcome
スパッタリング装置
E-mail mega.tki@po4.across.or.jp
  1. ホーム
  2. 反射板のメッキ

 反射板のメッキ加工

塗装したワンオフのミラーステー 塗装したレンジローローバーの丸い反射板 塗装したトラックのコーナーパネル 塗装したFRPのマネキン 塗装したリアのライトのカバー

 反射板の再メッキ

 車のヘッドライトの反射板が劣化してしまった場合

反射板下処理前 メッキが劣化し下地が見えてしまった反射板
反射板のメッキの金属はアルミです。アルミが腐食して下地が見えてしまっています。 下地の塗装は元々艶のあるものです。 その艶のある塗装の上に金属(アルミ)が乗るので艶のある反射の良いメッキになっています。 その下地の塗装の艶が無いので 下地の塗装も劣化している事がわかります。


 塗装を剥離して素材の地にする

反射板剥離作業 反射板が鉄であればブラスト処理で塗装やメッキと一緒に錆も除去します。 反射板が樹脂であれば剥離剤で塗装を除去しますが、剥離が難しい場合はペーパー等で手作業で剥離します。


 メッキ前の塗装を行う

反射板塗装 メッキをする前の塗装は素材とメッキの密着を助ける役割、メッキに光沢をもたせる役割等があります。 その塗装を行います。 この塗装は素材にあったもの、品物の使用目的、使用環境等で選定しています。 反射板の場合は主には耐熱温度がと光沢が必要になります。


 アルミスパッタリングメッキ

反射板メッキ作業 アルミスパッタリングメッキを行います。 大体の金属は光沢が出れば光を反射しやすい物質ですが、アルミは特に反射が良い金属になります。 その金属を真空中で適量飛ばし、品物に密着させます。


 トップコート(クリア塗装)

トップコート作業 トップコートを施します。クリア塗装ですがこれも適したものを使用します。 トップコートの役割は金属膜の腐食を防ぐ役割、傷防止等があります。


 完成

メッキ完成 トップコートを適切な温度で乾燥させたら全ての作業が完了です。 リフレクターの場合は1日ほど養生期間を置いてから梱包作業が可能です。



 株式会社 メガ東海
工房大井川  〒421-0217 静岡県焼津市上泉1052-1
TEL・FAX   054-662-0870
E-mail    mega.tki@po4.across.or.jp