Welcome
スパッタリング装置
E-mail mega.tki@po4.across.or.jp
最新情報スクロールできます
  1. メッキ加工ホーム

 メッキフォトライブラリー         

  • 塗装したワンオフのミラーステー
  • 塗装したレンジローローバーの丸い反射板
  • 塗装したトラックのコーナーパネル
  • 塗装したFRPのマネキン
  • 塗装したリアのライトのカバー
  • 塗装した車のステアリングカバー
  • 塗装した樹脂製のマフラーの遮熱板
  • 塗装したエアタンク
  • 塗装済車のドアのノブ
  • 塗装済ソアラの反射板
  • 塗装したエアコンの吹き出し口
  • 塗装したバイクのキャリア
  • 塗装したトラックのバンパーのコーナーパネル
  • 塗装したトラックのドアのカバー
  • 塗装済アコードのライトの部品
  • 塗装済アウトランダーのグリルの部品
  • 塗装済ポルシェの反射板
  • 塗装済おもちゃのミニカー
  • 塗装済エリシオンのグリル
  • 塗装済トラックのミラーステー

最近のメッキ加工例の一部

 ナンバープレート枠
2018年4月23日 クロムスパッタリング
加工前のナンバープレート枠 加工後のナンバープレート枠
レクサスのナンバープレート台です。シルバーの塗装の品物をメッキに。メッキは外装で耐久のある少し色の黒っぽいクロムスパッタリングメッキです。
 メーターリング
2018年4月21日 アルミスパッタリング
加工前のメーターリング 加工後のメーターリング
細かい事は不明ですが、おそらく車の部品と思います。樹脂のメーターリング。少しシボ模様有りました。表面を平らにして内装品ですのでアルミスパッタリングメッキにてメッキ加工。
 バイクのキャリア
2018年4月20日 電解クロム
加工前のバイクのキャリア 加工後のバイクのキャリア
ヤマハのマジェスティー125のキャリアをメッキ加工させていただきました。湘南から車で御友人と2人でお越しいただきました。塗装剥離後研摩、メッキです。 お届けしすぐに装着、ツーリングに行かれたとお電話いただきました。
 ピラーカバー
2018年4月10日 クロムスパッタリング&黒塗装
加工前のピラーカバー 加工後のピラーカバー
ピラーカバーのメッキ加工と、純正再現の黒塗装です。メッキ後の黒塗装は定番の仕様で、旧車の部品に良くあります。元々はメッキが浮いてしまっていた為剥離して 再度加工。
 ホイールキャップ
2018年3月28日 クロムスパッタリング
加工前のドアモール 加工後のドアモール
ドアのモールのメッキ加工です。ドアモールは良くご依頼いただく種類のパーツの1つです。 メッキは外装で耐久のあるクロムスパッタリングメッキです。
 ホイールキャップ
2018年3月20日 クロムスパッタリング
加工前のホイールキャップ 加工後のホイールキャップ
旧車のソアラのヘッドライトの反射板などをリフレッシュさせていただきました。リフレクターは再メッキ、インナーは新たにシルバー塗装。 シルバーは耐熱あるもので加工。メッキももちろん耐熱高い仕上げです。
 ソアラヘッドライト内部
2018年3月16日  アルミスパッタリング&シルバー耐熱塗装
加工前のソアラヘッドライト内部 加工後のソアラヘッドライト内部
樹脂のホイールキャップをメッキ加工させていただきました。樹脂に塗装がされている品物です。メッキは外装で耐久のあるクロムスパッタリングメッキです。
  他の加工はメッキ加工例ブログ

 Chromium Sputtering     クロムスパッタリング

クロムスパッタリング

 今までアルミを使用したメッキ加工を行っておりましたが、外装品での耐久性をアップさせる為研究し、 クロムスパッタリングができるようになりました。アルミより黒く深みがあり高級感ある仕上がりになっています。 外装品の樹脂等に関してはクロムスパッタリングで加工させていただきます。


 Reflector Re-Plating      反射板再メッキ

リフレクターの再メッキ

 ヘッドライトの反射板が曇ったりメッキがなくなって光量が出なくなったら再メッキで復活します。 写真の鉄製リフレクターは状態が悪ければ、サンドブラストにて鉄の地にし、錆止め〜メッキ加工まで行います。 メッキは反射率の高いアルミを使います。リフレクターに関しては雨風当たりませんので純正と同じアルミを使用します。 シェード、バルブベースもメッキ加工が可能です。こちらは電解クロムで行います。
反射板のメッキ加工


 Chromium Plating         クロムメッキ

コーナーパネルクロムメッキ

 トラックのコーナーパネルのクロムでのメッキ加工 塗装がついているので液材にて剥離します。ブラスト等で剥離すると研摩工程で無理が出る場合があるのでなるべく液材での剥離。 鉄素地にして研摩、ニッケルメッキ、クロムメッキです。



鉄製ステアリングのクロムメッキ

 お客様が作成したワンオフの鉄のステアリングをクロムでのメッキ加工 ハンドルのクロムメッキ、今のところ最初で最後の経験でした。 研摩、ニッケルメッキ、クロムメッキです。



バイクキャリアのクロムメッキ

 バイクのキャリアのクロムでのメッキ加工 塗装がついているので液材にて剥離後研摩。キャリアはパイプの間まで研摩できないものが多いです。 研摩ごニッケルメッキ、クロムメッキです。



アルミポイントカバーのクロムメッキ

 バイクのエンジンのカバーとウインカーボディーのクロムでのメッキ加工 素材はアルミダイキャスト。ダイキャストは巣穴があるものが多いです。研摩しても奥から巣穴が出てくるため ダイキャストや素材の悪いものは巣穴がメッキの仕上がりに現れることがあります。 研摩、ニッケルメッキ、クロムメッキです。



バイクステー/クロムメッキ

 バイクのステーのクロムでのメッキ加工 クロムメッキのしてあるステーをお客様が溶接で加工した物です。 溶接した部分はもちろん黒くなっていてメッキもなくなっています。溶接加工した物を再クロム。 メッキ剥離、研摩、ニッケルメッキ、クロムメッキです。



ホーンのクロムメッキ

 バイクのホーンの再クロムのメッキ加工 リベットで留められているものを分解してカバーの部分を再クロムメッキです。 中の艶消し塗装もあせていたので艶消し塗装を行い、中央の袋ナットも浮錆でしたので研摩してあります。 リベット取外し、分解、メッキ剥離、研摩、ニッケルメッキ、クロムメッキ、艶消し黒塗装、リベット打ち組みです。


個人様からのメッキ加工依頼大歓迎

 プラスチック(樹脂)をはじめに、アルミ、鉄等(真鍮、アンチモン、亜鉛など)にメッキ加工いたします。 自動車部品(グリル等)のメッキ加工、個人様一点から大歓迎です!!
FRP、PP等もOK。ウインカーレンズなど光をすけさせることも出来ます、カラーメッキ、ブラックメッキも可能です。
一度気軽メール、お電話にてご相談ください。お待ちしています。

★メッキ加工の幅アップ★

 専門のメッキ工場にて金属へのクロムメッキやハードクロム等可能です。
私達のメッキ加工は真空蒸着(クロムスパッタリング、アルミスパッタリング)と言うもので一部塗装を使用しますが、金属でしたら塗装を使用しない一般的なクロムメッキ等の各種メッキ がネジ一本から加工可能です。見積もりには材質(鉄、アルミ、ステンレスなど)と物のサイズとなるべく写真が必要です。一度お問い合わせください。

★溶接修理可能★

 金属パーツの穴あきや溶接剥がれ等溶接修理後のメッキ加工可能です。
旧いパーツで穴があいてしまっているパーツや、溶接がはがれてしまっている個所を溶接修理して メッキ加工することができます。もちろん溶接のみの修理も可能。溶接後の塗装もできます。

  • タンデムバー溶接
  • タンデムバー溶接
  • 真空配管溶接
  • 真空配管溶接
メッキ加工の見積もり

メッキ加工お問い合わせメール

樹脂へのメッキ、金属へのメッキ
メッキ加工ご希望の方は一度ご連絡ください。
メールでも電話でも結構です。メールの場合は右の画像を
                ・・・クリック!!!!!!!
メッキしたいものの写真を添付して大きさと錆の有無や傷の有無を記載していただければ無料で見積もり金額を提示させていただきます。
大体の金額を知りたいと言うことであれば金額の幅はありますがお答えしますので気軽にメールしてください。


ather               真空機器メンテナンス

真空機器メンテナンス  真空機器メンテナンス致します。各種真空ポンプのオイル交換からオーバーホール、 配管清掃、各種修理を安く確実にします。真空機器の改造、製作もしています。無料見積もりいたしますので メール、TEL、FAX何でも結構ですのでお問い合わせ下さい。
      お問い合わせ メール
左画像をクリックするとメンテナンス部門HPにジャンプします。

painting & sanding     塗装&サンドブラスト

サンドブラスト 250TRタンク塗装  バイク部品、自動車部品を等の塗装しています。 錆、塗装の剥離、塗装の下地作りのサンドブラストも行っています。 塗装の剥離は液剤つけて剥離する方法も出来ますので剥離液を買って剥離するのよりきれいに 楽に剥離出来ます。


 株式会社 メガ東海
工房大井川  〒421-0217 静岡県焼津市上泉1052-1
TEL・FAX   054-662-0870
E-mail    mega.tki@po4.across.or.jp